堺市美原区に建設予定の「ららぽーと美原」情報のまとめ

店舗情報

松原市の隣の堺市美原区に建設予定の「ららぽーと美原」情報(建設開始時期/オープン予定/建設予定地・/広さ/駐車場台数/事業計画の詳細/最新情報)をまとめました。

なお、「ららぽーと美原」は「黒山東地区地区計画」の一環で作られる商業施設であるため、「黒山東地区地区計画」の情報と共に御紹介します。

堺市が2019年8月17日に発表した緑化計画イメージ図には、ららぽーと美原(商業施設)、広場、駐車場の位置が具体的に記載されています。

そちらの情報も合わせて、ららぽーと美原の最新情報を御紹介します。

スポンサーリンク
  1. 堺市美原区に建設予定の「ららぽーと美原」の基本情報
    1. 建設開始・オープンはいつ?
      1. 【2019年9月6日追記】大型商業施設開業予定
      2. 【2018年11月29日追記】「(仮称) 堺市美原区黒山東計画に係る環境影響評価準備書」の縦覧及び意見書の受付を開始します
      3. 黒山東地区(美原区)において地区計画を決定します
      4. 「ららぽーと」堺出店 三井不、22年2月開業めざす
    2. 工事日程
      1. 着工
      2. 竣工・供用開始
    3. 施設計画・施設平面図・断面図
      1. 【2019年9月6日更新】緑化計画イメージ図│堺市
        1. 渋滞緩和/周辺環境への影響対策
      2. 施設平面
      3. 断面図
    4. どこに建設される予定?
      1. 【2018年8月22日更新】最新の計画図が発表されました
    5. 事業計画
      1. 黒山東地区│堺市
    6. 営業時間
    7. 建築面積
    8. 延べ床面積
    9. 駐車可能台数
    10. その他の情報
    11. 堺市が公開している関連情報
      1. 美原区内の開発について住民説明会を再度開いてください
      2. 堺市が公開しているPDF資料
    12. Twitterコメント
  2. 堺市美原区に建設予定の「ららぽーと美原」の関連記事・動画
    1. ららぽーと美原(仮称) 2022年3月開業!どのような商業施設に?最新情報
    2. 【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状
    3. 堺市にららぽーと美原が2022年3月にオープン!バイト求人&店舗情報は?映画館も入る?場所はどこ?
    4. 【今から楽しみ♪】美原区にできるららぽーとについてわかる範囲で調べてみた
    5. 【2022年開業予定!!】堺市美原区にできる商業施設「ららぽーと美原」や「ビバホーム(仮)」がどこに建つのかまとめてみた!:
    6. 【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) ・ビバホームやアローが出店?
    7. 【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状
    8. 三井不/ららぽーと美原(堺市美原区)/延べ9・2万平米、19年度下期着工へ
    9. 12月28日提供 「(仮称)堺市美原区黒山東計画に係る環境影響評価実施計画書」に対する環境の保全の見地からの市長意見を送付しました
    10. 7月18日提供 黒山東地区(美原区)において地区計画を決定します
    11. 関西4店目、堺初出店ららぽーと 美原(仮)について今分かっていること
    12. (仮称)堺市美原区黒山東計画
      1. 【2017年10月31日公表】事業の概要
    13. 大阪府下3店舗目のららぽーとは堺市東部に
    14. 「ららぽーと」堺出店 三井不、22年2月開業めざす
    15. 堺市美原区に延べ約9・7万平方㍍の大型商業施設を計画/22年2月の開業めざす/三井不動産
    16. 平成29年度第1回都市計画審議会
    17. ららぽーと美原 建設予定地 リポート

堺市美原区に建設予定の「ららぽーと美原」の基本情報

建設開始・オープンはいつ?

【2019年9月6日追記】大型商業施設開業予定

堺市が2019年5月16日に公開した重要取組シート│建築都市局 都市整備部 都市整備推進課によると、

スケジュール(31年度以降)として、以下の記載があります。

まちびらき
換地処分(平成32年度予定)
基盤整備工事
大型商業施設開業(平成33年度末予定)

やはり現状でも、ららぽーと美原は平成33年度(2021年)末にオープン予定のようです。

【2018年11月29日追記】「(仮称) 堺市美原区黒山東計画に係る環境影響評価準備書」の縦覧及び意見書の受付を開始します

堺市が2018年11月26日に発表した「(仮称) 堺市美原区黒山東計画に係る環境影響評価準備書」の縦覧及び意見書の受付を開始しますによると、施設の開店予定は2022年3月末とのこと。

黒山東地区(美原区)において地区計画を決定します

以下の通り、2018年7月18日の堺市の発表によると、「ららぽーと美原」は平成33年度(2021年)末にオープン予定となったようです。

地区計画の概要
(1)位 置:堺市美原区黒山地内
(2)面 積:約8.2ha
(3)内 容:別紙のとおり
(4)都市計画決定告示日:平成30年7月27日

2.今後の予定
○平成30年度から 農地転用・開発許可手続き、埋蔵文化財調査など
○平成32年度から 造成・建築工事
○平成33年度末 商業施設開業

黒山東地区(美原区)において地区計画を決定します

スポンサーリンク

「ららぽーと」堺出店 三井不、22年2月開業めざす

2019年度に着工し、22年2月の開業を目指す。

「ららぽーと」堺出店 三井不、22年2月開業めざす

スポンサーリンク

工事日程

上記の通り、工期は29か月で予定されています。

着工

2019年予定

竣工・供用開始

2022年予定

施設計画・施設平面図・断面図

【2019年9月6日更新】緑化計画イメージ図│堺市

ららぽーと美原 緑化計画イメージ図│堺市

2019年8月17日に堺市が公表した緑化計画イメージ図が上の画像です。

こちらの画像を見て頂くとおわかり頂けると思いますが、ららぽーと美原(商業施設)周辺の具体的な情報がわかりますね。

ららぽーと美原(商業施設)は、北西から南東に少し斜めになった立地で計画されており、その東側には広場が設けられます。

ららぽーと美原(商業施設)の北西と、北東には立体駐車場が2つ計画されています。

周辺の渋滞緩和の対策かもしれませんね。

やはり、改めて大規模な施設となりそうなので、楽しみですね!

参照元:緑化計画イメージ図│堺市

渋滞緩和/周辺環境への影響対策

堺市が公表している渋滞緩和/周辺環境への影響対策としての(仮称)堺市美原区黒山東計画に係る配慮計画書の概要によると、以下の施設計画は3つ案があるようです。

ただ、上述の緑化計画イメージ図│堺市の立体駐車場の位置や商業施設の配置を考慮すると、以下の案1が現状有力な案として進んでいそうですね。

また、この案1が採用される場合は、4階(屋上)は駐車場となるようですね。

施設計画の案1
ららぽーと美原 施設計画案1

施設計画の案2
ららぽーと美原 施設計画案2

施設計画の案3
ららぽーと美原 施設計画案3

施設平面

断面図

どこに建設される予定?

ららぽーと美原の建設予定地1

事業計画では、上記斜線部分の予定のようです。

ららぽーと美原の建設予定地2

もう少しGoogleマップで拡大した地図が上記の画像となりますが、2017年11月時点では、「美原区役所北側の国道309号沿いに立地予定」との情報ぐらいしか出ていないため、まだ不正確ではありますが、現在の立地条件からしても上記地図の赤枠の箇所だと思われます。

具体的には、すき家・かっぱ寿司・じゅうじゅうカルビなどの309号線沿いにある店舗の東側、かつ三原郵便局の南側辺りと予想されます。

また、具体的な場所の情報が出ましたら、本記事を更新したいと思います。

【2018年8月22日更新】最新の計画図が発表されました


参照元:黒山東地区地区計画

上の画像の通り、堺市により「ららぽーと美原」の計画地が、より具体的に公表されました。

こちらの最新の計画地の情報によると、すき家・かっぱ寿司・じゅうじゅうカルビなどの309号線沿いにある店舗の東側で、美原郵便局の西側、西松屋美原店の南西に位置するあたりとなりそうですね。

なお、この計画により、すき家・かっぱ寿司・じゅうじゅうカルビは撤退するのかと思っていましたが、これらの現在の土地を避けて「ららぽーと美原」は建設されるようです。

事業計画

(仮称)堺市美原区黒山東計画に係る配慮計画書の概要をご参照ください。

こちらで、事業計画の内容(立地場所の概要・施設の概要等)、店舗・駐車場構成案、計画段階配慮事項など、建設予定段階ではありますが、現在の建設予定内容の概要が把握可能です。

また、(仮称)堺市美原区黒山東計画に係る配慮計画書
についての検討結果
では、審査会の答申が詳細に記載されています。

黒山東地区│堺市

黒山東地区の決定・変更情報、区域図、計画内容の最新情報が公開されています。

黒山東地区 堺市

営業時間

飲食:午前 7 時~午後 11 時
物販:午前 7 時~午後 10 時
アミューズメント:午前 7 時~翌 午前 5 時

建築面積

約 33,000 m2(駐車場除く)

延べ床面積

約 92,000 m2(駐車場除く)

駐車可能台数

3200台

ちなみに、イオンモール堺北花田の駐車可能台数が約3000台なので、イオンモール堺北花田同等か少し大きいぐらいの駐車場と考えて頂ければわかりやすいかと思います。

その他の情報

「地元を中心に約4千人の雇用を想定し、年間1300万人の来場を見込む」との情報もありますので、上述の「建築面積」「延べ床面積」「駐車可能台数」の情報を鑑みても、かなりの大型の店舗になることが予想されます。

また、雇用も大量に生まれることが予想されますので、美原市自体の活性化につながりそうですね。

堺市が公開している関連情報

美原区内の開発について住民説明会を再度開いてください

市民の声
美原区黒山東で計画されている開発について、再度各地区への住民説明会を開いてください。以前から月日が経っているので内容に更新があると思います。現在の工事の進行状況等の説明会は今後何もないのでしょうか。

市の考え方
美原区黒山東計画は、民間事業者による大型商業施設の開発事業です。事業者は三井不動産株式会社です。住民説明会は、事業者が主体的に実施するもので、直近では2018年12月及び2019年3月に開催しています。

今後の住民説明会開催予定について、大規模小売店舗立地法に基づく説明会を予定していると伺っております。

参照元:美原区内の開発について住民説明会を再度開いてください

堺市が公開しているPDF資料

Twitterコメント

堺市美原区に建設予定の「ららぽーと美原」の関連記事・動画

ららぽーと美原(仮称) 2022年3月開業!どのような商業施設に?最新情報

大阪府堺市美原区にららぽーと美原(仮称)が2022年3月に開業します!

「ららぽーと」といえば、三井不動産の大型商業施設。 どのようなテナントが入るのでしょうか?駐車台数は?アクセスは?

ららぽーと美原(仮称) 2022年3月開業!どのような商業施設に?最新情報も!
大阪府堺市美原区に三井不動産の大型商業施設「ららぽーと沼津」が2022年3月に開業!ファッションや雑貨、サービス、飲食など複数店舗が出店予定!どのようなテナントが入るのでしょうか?駐車台数は?アクセスは?そういった疑問も含め、ららぽーと美原

【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状

以前から「南河内エリアに大型ショッピングモールが出来る」との噂は色々ありましたがなかなか実現せず、藤井寺市のイオン藤井寺ショッピングセンター(旧イオンモール藤井寺)の建て替えはともかく、ようやく松原市の(仮称)松原天美ショッピングセンター(アリオ?)の工事がスタート…と思いきや、進捗状況は当初の予定通りには見えません。

そんな中、かなり具体的なところまで計画が進んでいるようなのが、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」です。

【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状
大阪府堺市美原区黒山付近に建設予定のショッピングモール「(仮称)ららぽーと美原」の情報について。

堺市にららぽーと美原が2022年3月にオープン!バイト求人&店舗情報は?映画館も入る?場所はどこ?

ららぽーと美原は、堺市美原区で計画されている新しい大型ショッピングモール「ららぽーと」です。

商業施設中心の開発となる予定で、商業専用面積は約50,000㎡に及ぶなど、スケールの大きさが目立つ開発です。

堺市にららぽーと美原が2022年3月にオープン!バイト求人&店舗情報は?映画館も入る?場所はどこ?
目次 ららぽーと美原について 施設の規模 完成・オープン時期 更新情報 ららぽーと美原の入居テナント店舗 ららぽーと美原のバイト求人情報 美原区周辺のバイト求人はここで...

【今から楽しみ♪】美原区にできるららぽーとについてわかる範囲で調べてみた

《『ららぽーと美原(仮称)』が22年に開業予定!》

ららぽーとは堺市内では初出店となります~!

今からどんなお店になるのかドキドキのワクワクです♪(表現が古い?)

美原区役所内で、ららぽーと出店計画に伴う資料を閲覧できるという情報をキャッチし、今分かる範囲でお伝えできることはないかと、調べに行ってまいりました♪

【今から楽しみ♪】美原区にできるららぽーとについてわかる範囲で調べてみた
こんにちは~!もっさんです♪ さて、かねてから噂で耳にされていて、3月にとうとう日経新聞にも紹介され、注目され…

【2022年開業予定!!】堺市美原区にできる商業施設「ららぽーと美原」や「ビバホーム(仮)」がどこに建つのかまとめてみた!:

堺市美原区に、大型商業施設「ららぽーと美原(仮)」が2022年に開業予定ですね!

堺市民も、南河内の方もとっても楽しみにしていると思います。

堺市美原区は、ららぽーと美原以外にも、大型施設が建設ラッシュなんです!!

なんと!!ホームセンター「ビバホーム(仮)」も、309号線沿いに建設予定なんです!

309号線を走っていて、広い土地で工事しているのをよく見ませんか??

2019年9月現在、建設予定・建設中の場所が、3つあります!!

3つの工事現場に何ができるのか・・??

どこに「ららぽーと美原(仮)」が建つの??ホームセンター「ビバホーム(仮)」はどこに建つのかまとめてみました!

【2022年開業予定!!】堺市美原区にできる商業施設「ららぽーと美原」や「ビバホーム(仮)」がどこに建つのかまとめてみた!:
堺市美原区に、大型商業施設「ららぽーと美原(仮)」が2022年に開業予定ですね! 堺市民も、南河内の方もとって…

【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) ・ビバホームやアローが出店?

先日、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」について記事にしましたが、その建設予定地から国道を挟んだ西側でも大規模な開発工事が進んでいます。

というか、今回現地を訪れた2019年(令和元年)5月上旬段階で、「(仮称)ららぽーと美原」が計画段階で実質未着工なのに対し、西側エリアではかなり造成工事が進んでいるように見えます。

【開店情報】黒山西土地区画整理事業(堺市美原区) ・ビバホームやアローが出店?
大阪府堺市美原区黒山付近の開発事業の内、ビバホームやアローの出店が噂される「黒山西土地区画整理事業」の情報について(現地写真あり)。

【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状

以前から「南河内エリアに大型ショッピングモールが出来る」との噂は色々ありましたがなかなか実現せず、ようやく松原市のアリオの工事がスタート…と思いきや、進捗状況は当初の予定通りには見えません。

そんな中、かなり具体的なところまで計画が進んでいるようなのが、堺市美原区に開業予定の「(仮称)ららぽーと美原」です。

【開店情報】(仮称)ららぽーと美原(堺市美原区) ・美原区の大型ショッピングモール予定地の現状
大阪府堺市美原区黒山付近に建設予定のショッピングモール「(仮称)ららぽーと美原」の情報について。

三井不/ららぽーと美原(堺市美原区)/延べ9・2万平米、19年度下期着工へ

三井不動産は「(仮称)堺市美原区黒山東計画に係る環境影響評価準備書」を堺市に提出し、市は準備書の縦覧手続きに着手した。

同社は美原区黒山に大型商業施設「ららぽーと美原(仮称)」を計画。商業施設の規模は4階建て延べ約9万2000平方メートルに及ぶ。

引き続き、環境影響評価や都市計画の手続きを進め、19年度下期にも着工する見通し。22年3月末の開店を目指す。

開発区域面積は約8万2000平方メートル。国道309号沿いにあり、阪和自動車道美原南インターチェンジに近い場所にある。開発地は市街化調整区域。

建ぺい率は60%(角地緩和規定適用で70%に緩和予定)で、容積率は200%。商業施設のうち商業専用面積は約5万平方メートル。

立体駐車場はA棟が6階建て(7段)で1470台を、B棟は3階建て(4段)で250台を収容する。平面駐車場や駐輪場なども配置する予定。

三井不/ららぽーと美原(堺市美原区)/延べ9・2万平米、19年度下期着工へ | 日刊建設工業新聞

12月28日提供 「(仮称)堺市美原区黒山東計画に係る環境影響評価実施計画書」に対する環境の保全の見地からの市長意見を送付しました

http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/koho/hodo/hodoteikyoshiryo/kakohodo/teikyoshiryo_h29/teikyoshiryo_h2912/1228_01.files/1228_01.pdf

7月18日提供 黒山東地区(美原区)において地区計画を決定します

7月18日提供 黒山東地区(美原区)において地区計画を決定します

関西4店目、堺初出店ららぽーと 美原(仮)について今分かっていること

堺市にららぽーとが初出店することが先日発表されました。

2019年度に着工し、2022年2月の開業、地上4階の予定だそうです。

大分と先ですが、開業を見据え着々と美原区に投資されるのでしょうか。

関西4店目、堺初出店ららぽーと 美原(仮)について今分かっていること
堺市美原区に2022年にららぽーとが開業します。堺市へは 初出店 となります。

(仮称)堺市美原区黒山東計画

【2017年10月31日公表】事業の概要

事業者
三井不動産株式会社

事業の種類
道路の路面外に設置される自動車の駐車のための施設の新設の事業
 (堺市環境影響評価条例別表第20号)

事業の規模
約3200台

事業が実施される予定の場所
美原区黒山地内

実施根拠
堺市環境影響評価条例

参照元:(仮称)堺市美原区黒山東計画

大阪府下3店舗目のららぽーとは堺市東部に

和泉、エキスポシティに続いて大阪府下では3店舗目のららぽーとです。

堺市と記事には載っていますが、場所は堺市東部の美原区なので、実際は松原や羽曳野の近くですね。

堺市美原区は、かつては南河内郡美原町だったところで、平成17年に堺市に編入され、平成18年に堺市が政令指定都市に移行した際に旧美原町の町域が1つの行政区となっています。

大阪府下3店舗目のららぽーとは堺市東部に - やね日記
和泉、エキスポシティに続いて大阪府下では3店舗目のららぽーとです。 堺市と記事には載っていますが、場所は堺市東部の美原区なので、実際は松原や羽曳野の近くですね。 堺市美原区は、かつては南河内郡美原町だったところで、平成17年に堺市に編入され、平成18年に堺市が政令指定都市に移行した際に旧美原町の町域が1つの行政区となっ...

「ららぽーと」堺出店 三井不、22年2月開業めざす

三井不動産は堺市美原区に大型ショッピングセンター(SC)を開発する方針だ。市の開発許可を受けたうえで、2019年度に着工し、22年2月の開業を目指す。地元を中心に約4千人の雇用を想定し、年間1300万人の来場を見込む。

同社が堺市に示した事業計画によると、「ららぽーと美原(仮称)」は美原区役所北側の国道309号沿いに立地する。

「ららぽーと」堺出店 三井不、22年2月開業めざす: 日本経済新聞
三井不動産は堺市美原区に大型ショッピングセンター(SC)を開発する方針だ。市の開発許可を受けたうえで、2019年度に着工し、22年2月の開業を目指す。地元を中心に約4千人の雇用を想定し、年間1300万人の来場を見込む。

堺市美原区に延べ約9・7万平方㍍の大型商業施設を計画/22年2月の開業めざす/三井不動産

三井不動産(東京都中央区)が堺市美原区の敷地約8・2㌶に大型商業施設を計画していることが分かった。

商業、生活利便、娯楽などの機能が入る。

施設の規模は4階建てまたは3階建て延べ約9万7000平方㍍で、2022年2月の開業を目指している。

堺市美原区に延べ約9・7万平方㍍の大型商業施設を計画/22年2月の開業めざす/三井不動産 | 建設ニュース
『建設ニュース』は、株式会社建設ニュースが運営している不動産・建設の総合メディアです

平成29年度第1回都市計画審議会

黒山東地区における開発計画と都市計画提案の内容についての、都市計画審議会の詳細な内容が公表されています。

平成29年度第1回都市計画審議会 堺市

ららぽーと美原 建設予定地 リポート

ららぽーと美原 建設予定地 リポート
タイトルとURLをコピーしました